トップページへ > 医療従事者の方へ > 治療の領域、提供製品 > 脊髄刺激療法‐手技
手技

手技

通常、脊髄刺激療法は効果を確認するためにトライアルを行います。トライアルでは硬膜外ブロックに似た方法で脊髄に電極を挿入し、微弱な電気を試験的に流して、効果を確認します。トライアルで効果があれば、本植込みに進みます。本植込みでは、機器一式を植込む手術を行います。脊髄刺激療法は患者さんへの効果を確認しながら治療を進めていきます。ここでは、治療の流れに沿った形で医師の手技だけでなく、患者さんへの指導についても詳しく説明します。

次へ: 治療の流れ top